コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉孝景(1) あさくら たかかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉孝景(1) あさくら-たかかげ

1428-1481 室町時代の武将。
応永35年4月19日生まれ。応仁の乱を機に守護斯波(しば)氏にかわって越前(えちぜん)(福井県)を支配。一乗谷を本拠に戦国大名としての基盤をきずく。家訓「朝倉敏景十七箇条」をのこした。文明13年7月26日死去。54歳。初名は教景,のち繁景,敏景。通称は孫右衛門尉,弾正左衛門尉。法名は英林宗雄。
【格言など】たとえ万疋(まんびき)の太刀刀(たちかたな)を持たりとも,百疋の鑓(やり)百丁には勝(すぐ)れまじく候(家訓)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝倉孝景(1)の関連キーワード正長メフメットクリスティアン[1世]ジョアン[2世]メフメトハンスアビス朝朝倉孝景朝倉孝景中院通秀

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android