コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉孝景(1) あさくら たかかげ

1件 の用語解説(朝倉孝景(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉孝景(1) あさくら-たかかげ

1428-1481 室町時代の武将。
応永35年4月19日生まれ。応仁の乱を機に守護斯波(しば)氏にかわって越前(えちぜん)(福井県)を支配。一乗谷を本拠に戦国大名としての基盤をきずく。家訓「朝倉敏景十七箇条」をのこした。文明13年7月26日死去。54歳。初名は教景,のち繁景,敏景。通称は孫右衛門尉,弾正左衛門尉。法名は英林宗雄。
【格言など】たとえ万疋(まんびき)の太刀刀(たちかたな)を持たりとも,百疋の鑓(やり)百丁には勝(すぐ)れまじく候(家訓)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝倉孝景(1)の関連キーワード宅間憲俊末吉顕国(3代)意雲兼家兼国(2)大巧如拙友重(3代)平井道助結城氏朝(1)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone