コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝腹 アサハラ

デジタル大辞泉の解説

あさ‐はら【朝腹】

朝食前の空腹。
「―ノ事ナレバ吐却スレドモ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
早朝。あさっぱら。
「なま年よって―から碁の打ちたさうな面(つら)な」〈咄・露がはなし・五〉
きわめてたやすいこと。朝飯前。
「そんな事は―、―」〈浄・鬼一法眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさはら【朝腹】

朝食前のすきっ腹。 「朝比奈も-に、大力の母あぐみ果て/浄瑠璃・会稽山」
早朝。朝っぱら。 「 -から碁のうちたさうなつらな/咄本・露が咄」
きわめて容易に成し遂げられること。朝飯前。 「そんな事は-、-/浄瑠璃・鬼一法眼」
[句項目] 朝腹の丸薬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝腹の関連キーワード朝腹の丸薬朝っ腹浄瑠璃

朝腹の関連情報