コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下吉隆 きのした よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下吉隆 きのした-よしたか

?-1598 織豊時代の武将。
豊臣秀吉の家臣。馬廻(うままわり)組頭として重用され,豊後(ぶんご)(大分県)に3万5300石をあたえられる。文禄(ぶんろく)4年豊臣秀次(ひでつぐ)に謀反(むほん)ありとされた事件に連座して失脚,薩摩(さつま)(鹿児島県)の島津義弘(よしひろ)にあずけられ,慶長3年3月20日流刑地で自殺。名は吉俊,吉種とも。通称は半介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木下吉隆の関連キーワード豊臣秀吉

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android