コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下智古比呂 きのした ちこぴろ

1件 の用語解説(木下智古比呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下智古比呂 きのした-ちこぴろ

?-1887 明治時代の樺太(からふと)アイヌの指導者。
明治8年生地の樺太がロシア領となった際,新政府により840人の同胞とともに北海道対雁(ついしかり)村(江別市)へ強制移住させられた。同胞子弟教育のための学校建設,アイヌの自立興産をめざした樺太移民共救組合の創立などに力をつくした。移住地で天然痘コレラが流行した時期の,明治20年2月1日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木下智古比呂の関連キーワード樺太樺太開拓使敷香樺太千島交換条約樺太松樺太玉樺太神社跡千島・樺太交換条約伊達林右衛門(5代)吉田拙蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone