木丸殿(読み)きのまろどの

精選版 日本国語大辞典の解説

きのまろ‐どの【木丸殿】

[1] 〘名〙 削ったりみがいたりしない質素な丸木造りの宮殿。黒木造りの御所。とくに福岡県朝倉郡朝倉町にあった斉明天皇の行宮のこと。きのまるどの。
※神楽歌(9C後)明星・朝倉「〈本〉朝倉や 支乃万呂止乃(キノマロドノ)に 我が居れば 〈末〉我が居れば 名宣りをしつつ 行くは誰」
[2] ((一)の「神楽歌」の例を「新古今和歌集」では天智天皇の作としており、その歌にちなんでいう) 天智天皇の異称。
※雑俳・柳多留‐八四(1825)「曲りなり木の丸殿の御造営」

このまろ‐どの【木丸殿】

〘名〙 丸木造りの質素な御殿。きのまろどの。

きのまる‐どの【木丸殿】

※平家(13C前)八「内裏は山のなかなれば、かの木(キ)の丸殿(マルドノ)〈高良本ルビ〉もかくやとおぼえて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android