コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木内昇 キウチノボリ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内昇 きうち-のぼり

1967- 平成時代の小説家,編集者。
昭和42年生まれ。出版社勤務をへてフリー編集者となり,平成9年からインタビュー誌「Spotting」を主宰。平成16年「新選組 幕末の青嵐」で小説家デビュー。20年刊の「茗荷谷の猫」で注目される。21年早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞。23年,明治初めの東京根津の遊廓を舞台に時代に取り残されてゆく人々をえがいた「漂砂のうたう」で直木賞を受賞。東京都出身。中大卒。著作はほかに「地虫鳴く」「浮世女房洒落日記」,エッセー集「ブンガクの言葉」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木内昇の関連キーワード木内漂砂

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木内昇の関連情報