コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木内昇 キウチノボリ

2件 の用語解説(木内昇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きうち‐のぼり【木内昇】

[1967~ ]小説家。東京の生まれ。編集業のかたわら平成16年(2004)「新選組幕末の青嵐」で作家としてデビュー。「茗荷谷の猫」で注目を集める。「漂砂(ひょうさ)のうたう」で直木賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内昇 きうち-のぼり

1967- 平成時代の小説家,編集者。
昭和42年生まれ。出版社勤務をへてフリー編集者となり,平成9年からインタビュー誌「Spotting」を主宰。平成16年「新選組 幕末の青嵐」で小説家デビュー。20年刊の「茗荷谷の猫」で注目される。21年早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞。23年,明治初めの東京根津の遊廓を舞台に時代に取り残されてゆく人々をえがいた「漂砂のうたう」で直木賞を受賞。東京都出身。中大卒。著作はほかに「地虫鳴く」「浮世女房洒落日記」,エッセー集「ブンガクの言葉」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木内昇の関連キーワードヨネスケトヨタセンチュリーVG20Dロータリエンジン 10A 型アジアカップ恵庭事件北欧映画カーターソユーズドヌーブビアフラ戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木内昇の関連情報