コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村正幹 きむら まさもと

2件 の用語解説(木村正幹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村正幹 きむら-まさもと

1843-1903 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)14年生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。同藩士井上馨(かおる)の部下。明治7年井上が設立した先収(せんしゅう)会社にまねかれる。9年同社を継承した三井物産の副社長となり,貿易・商業部門の発展につくす。26年常務理事首座,27年三井家大元方監査役。明治36年1月21日死去。61歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

木村正幹

没年:明治36.1.21(1903)
生年:天保14(1843)
明治期の実業家。元長州(萩)藩士で井上馨の部下。京都府勧業掛大属を勤めたが,井上の 先収会社設立に伴い,招かれて明治7(1874)年入社。9年先収会社を引き継ぎ三井物産が創設されると,副総括(副社長)就任(総括益田孝)。26年常務理事首座となり,27年三井家監査役就任のため退社。27~31年には財閥統轄機関三井家同族会参列員も務めた。三井物産では社外交渉に追われ不在がちの益田に代わり,社内管理に緻密な事務処理能力を発揮,御用会社から総合商社への展開を内側から支えた。<参考文献>実業之世界社編『財界物故傑物伝』上,三井文庫編『三井事業史』2巻

(花井俊介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

木村正幹の関連キーワードジッテ科学史レオ13世プラット修正ロシア映画小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革木村正幹

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone