コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村正幹 きむら まさもと

2件 の用語解説(木村正幹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村正幹 きむら-まさもと

1843-1903 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)14年生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。同藩士井上馨(かおる)の部下。明治7年井上が設立した先収(せんしゅう)会社にまねかれる。9年同社を継承した三井物産の副社長となり,貿易・商業部門の発展につくす。26年常務理事首座,27年三井家大元方監査役。明治36年1月21日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木村正幹

没年:明治36.1.21(1903)
生年:天保14(1843)
明治期の実業家。元長州(萩)藩士で井上馨の部下。京都府勧業掛大属を勤めたが,井上の 先収会社設立に伴い,招かれて明治7(1874)年入社。9年先収会社を引き継ぎ三井物産が創設されると,副総括(副社長)就任(総括益田孝)。26年常務理事首座となり,27年三井家監査役就任のため退社。27~31年には財閥統轄機関三井家同族会参列員も務めた。三井物産では社外交渉に追われ不在がちの益田に代わり,社内管理に緻密な事務処理能力を発揮,御用会社から総合商社への展開を内側から支えた。<参考文献>実業之世界社編『財界物故傑物伝』上,三井文庫編『三井事業史』2巻

(花井俊介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村正幹の関連キーワード実業家有賀長文井上信貴男井上竹次郎井上徳三郎井上保次郎日下義雄世良利貞曲田成真鍋斌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone