コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村熊之進 きむら くまのしん

1件 の用語解説(木村熊之進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村熊之進 きむら-くまのしん

1817-1868 幕末の武士。
文化14年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。文武にひいでたが,物頭,組頭にとどまり,人におしまれる。戊辰(ぼしん)戦争に際し朝廷への恭順を主張したがいれられず,藩軍にしたがう。慶応4年5月1日白河の戦いで負傷し,自害した。52歳。名は重光。字(あざな)は中羽。号は蕉陰。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村熊之進の関連キーワード戊辰戦争紀行文学川路聖謨日柳燕石日柳燕石藩学一覧光の科学史モンロー妙心早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone