木村熊之進(読み)きむら くまのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村熊之進 きむら-くまのしん

1817-1868 幕末の武士。
文化14年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士文武にひいでたが,物頭,組頭にとどまり,人におしまれる。戊辰(ぼしん)戦争に際し朝廷への恭順を主張したがいれられず,藩軍にしたがう。慶応4年5月1日白河の戦いで負傷し,自害した。52歳。名は重光。字(あざな)は中羽。号は蕉陰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android