木村藹吉(読み)きむら あいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村藹吉 きむら-あいきち

1840-1879 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。江戸で西洋砲術をまなび,藩の兵制を西洋式に改革。戊辰(ぼしん)戦争では藩兵大隊長をつとめ,明治2年新政府軍にしたがって箱館を攻め,矢不来(やぎない)でたたかう。維新後兵部省に属した。明治12年9月4日死去。40歳。名は重清,一綱(ひとつな)。通称は別に杢之助,繁四郎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android