コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村鐙子 きむらとうこ

3件 の用語解説(木村鐙子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村鐙子
きむらとうこ

[生]嘉永1(1848).6.26. 江戸
[没]1886.8.18.
女子教育家。儒者佐藤一斎は曾祖父にあたり,田口卯吉は弟。慶応1 (1865) 年幕臣木村熊二と結婚。徳川幕府崩壊後,一家は離散,横浜,静岡と居を移す。明治3 (70) 年熊二は渡米し,ホープカレッジ,ニューブランスウィック改革派神学校を修了し,1882年9月帰朝。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村鐙子 きむら-とうこ

1848-1886 明治時代の教育者。
嘉永(かえい)元年6月26日生まれ。田口卯吉(うきち)の姉。木村熊二の妻。夫のアメリカ留学中,弟卯吉の「大日本人名辞書」編集をたすける。明治15年帰国した夫の影響をうけ,フルベッキより受洗。18年明治女学校創立にくわわり取締をつとめた。明治19年8月18日コレラのため急逝。39歳。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木村鐙子

没年:明治19.8.18(1886)
生年:嘉永1.6.26(1848.7.26)
明治初期の教育者。江戸に生まれる。幕臣井上(田口)耕三とまちの第3子。田口卯吉は異父弟。夫木村熊二の影響を受け受洗,教会内に婦人会をつくる。明治18(1885)年,明治女学校を設立,取締となる。生活の改良にも関心を持ち婦人束髪会幹事となる。東京婦人矯風会の前身,婦人禁酒会を設立したが,志半ばでコレラにより急逝。<参考文献>巌本善治『木村鐙子小伝』,東京女子大学比較文化研究所編『木村熊二・鐙子往復書簡

(山田よし恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村鐙子の関連キーワード生駒東太賀陽済仲新深井仁子松島剛武藤良由山内佐太郎吉成就子依田豊留守伊予子

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone