コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村熊二 きむら くまじ

2件 の用語解説(木村熊二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村熊二 きむら-くまじ

1845-1927 明治-大正時代の牧師,教育家。
弘化(こうか)2年1月25日生まれ。木村鐙子(とうこ)の夫。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩儒桜井石門の次男。幕臣木村家をつぐ。明治3年森有礼(ありのり)にしたがい渡米,キリスト教神学をまなぶ。15年に帰国し,改革派宣教師として伝道につくす。18年明治女学校を,26年小諸(こもろ)義塾を創設。昭和2年2月28日死去。83歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木村熊二

没年:昭和2.2.28(1927)
生年:弘化2.1.25(1845.3.3)
牧師,教育家。出石藩(兵庫県)儒臣桜井石門(一太郎)の次男。聖堂都講木村琶山の養子となり,昌平坂学問所に学ぶ。田口卯吉の姉鐙と結婚。明治3(1870)年森有礼に従い渡米,ホープカレッジ,ニューブルンスウィック神学校で学び,牧師資格を取得,15年帰国す。18年明治女学校を,26年信州に小諸義塾を開き,キリスト教伝道のかたわら青年子女の教育,果樹栽培指導などに尽力貢献した。その地道な伝道,教育に一生を献げた人となりは,『資料木村熊二日記』(東京女子大学比較文化研究所)からもうかがえる。

(下山孃子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木村熊二の言及

【明治女学校】より

…1885年木村熊二・鐙子夫妻が東京九段に創設したキリスト教主義の女子中等教育機関。最盛期は明治20年代で,巌本善治(1887年教頭,92年2代校長)の努力によるところが大きく,300名もの生徒が学んだ時期もある。…

※「木村熊二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木村熊二の関連キーワード出石出石神社出石焼教育家太田六右衛門小出吉英桜井石門桜井勉仙石政固堀田省軒

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone