コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村騏道 きむら きどう

2件 の用語解説(木村騏道の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木村騏道

江戸中・後期の俳人。加藤暁台の門下。号青雲・珠林舎。名新助。寛政四年幻住庵を修理。『新花摘』『椎の下』の著がある。文化7年(1810)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村騏道 きむら-きどう

?-1810 江戸時代中期-後期の俳人。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。加藤暁台(きょうたい)の門下。蕪村(ぶそん)一派の俳人としたしみ,文化元年紀梅亭(きの-ばいてい),松村月渓(げっけい)らの絵をそえた「松蘿(しょうら)」をあらわした。文化7年1月1日死去。通称は木屋新助。別号に青雲居,珠林舎。編著はほかに「新華摘(しんはなつみ)」「椎か下(しいがもと)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木村騏道の関連キーワード羅城夜来岸貞江原元交寛美沢吾山傘車樗雲貞佐(1)帒一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone