コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村騏道 きむら きどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村騏道 きむら-きどう

?-1810 江戸時代中期-後期の俳人。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。加藤暁台(きょうたい)の門下。蕪村(ぶそん)一派の俳人としたしみ,文化元年紀梅亭(きの-ばいてい),松村月渓(げっけい)らの絵をそえた「松蘿(しょうら)」をあらわした。文化7年1月1日死去。通称は木屋新助。別号に青雲居,珠林舎。編著はほかに「新華摘(しんはなつみ)」「椎か下(しいがもと)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村騏道の関連キーワード騏道

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android