コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木次(きすき)線

3件 の用語解説(木次(きすき)線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

木次(きすき)線

JR西日本が運行する鉄道路線。島根県松江市の宍道駅から広島県庄原市の備後落合駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木次線【きすきせん】

島根県・宍道(しんじ)〜広島県・備後(びんご)落合間のJR線。営業キロ81.9km。1916年簸上(ひのかみ)鉄道が宍道〜木次間(1934年国有化)を,1932年国鉄が木次以南をそれぞれ開業,1937年全通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木次線
きすきせん

島根県東部および広島県北東部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。宍道(しんじ)―備後落合(びんごおちあい)間81.9キロメートル、全線単線、非電化。中国山地を横断する陰陽連絡鉄道の一つであり、主として斐伊(ひい)川上・中流域を走る。出雲坂根(いずもさかね)駅からスイッチバック方式を用いて中国山地を越える。同線の三井野原(みいのはら)駅は、西日本旅客鉄道管内で最高所の駅。宍道―木次間は1916年(大正5)簸上(ひかみ)鉄道として開業、1934年(昭和9)国有化、木次―備後落合間は1932~1937年開業した。1987年(昭和62)、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木次(きすき)線の関連キーワード宍道〈町〉島根県松江市宍道町伊志見島根県松江市宍道町上来待島根県松江市宍道町佐々布島根県松江市宍道町昭和島根県松江市宍道町昭和新田島根県松江市宍道町宍道島根県松江市宍道町西来待島根県松江市宍道町白石島根県松江市宍道町東来待

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone