木次(きすき)線

百科事典マイペディアの解説

木次線【きすきせん】

島根県・宍道(しんじ)〜広島県・備後(びんご)落合間のJR線。営業キロ81.9km。1916年簸上(ひのかみ)鉄道が宍道〜木次間(1934年国有化)を,1932年国鉄が木次以南をそれぞれ開業,1937年全通。芸備線とともに山陰・山陽の連絡を果たすが,急勾配(こうばい)区間が長い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木次線
きすきせん

島根県東部および広島県北東部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。宍道(しんじ)―備後落合(びんごおちあい)間81.9キロメートル、全線単線、非電化。中国山地を横断する陰陽連絡鉄道の一つであり、主として斐伊(ひい)川上・中流域を走る。出雲坂根(いずもさかね)駅からスイッチバック方式を用いて中国山地を越える。同線の三井野原(みいのはら)駅は、西日本旅客鉄道管内で最高所の駅。宍道―木次間は1916年(大正5)簸上(ひかみ)鉄道として開業、1934年(昭和9)国有化、木次―備後落合間は1932~1937年開業した。1987年(昭和62)、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android