コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木次(きすき)線

百科事典マイペディアの解説

木次線【きすきせん】

島根県・宍道(しんじ)〜広島県・備後(びんご)落合間のJR線。営業キロ81.9km。1916年簸上(ひのかみ)鉄道が宍道〜木次間(1934年国有化)を,1932年国鉄が木次以南をそれぞれ開業,1937年全通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木次線
きすきせん

島根県東部および広島県北東部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。宍道(しんじ)―備後落合(びんごおちあい)間81.9キロメートル、全線単線、非電化。中国山地を横断する陰陽連絡鉄道の一つであり、主として斐伊(ひい)川上・中流域を走る。出雲坂根(いずもさかね)駅からスイッチバック方式を用いて中国山地を越える。同線の三井野原(みいのはら)駅は、西日本旅客鉄道管内で最高所の駅。宍道―木次間は1916年(大正5)簸上(ひかみ)鉄道として開業、1934年(昭和9)国有化、木次―備後落合間は1932~1937年開業した。1987年(昭和62)、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

木次(きすき)線の関連キーワード湯村温泉(島根県)大東(島根県)加茂(島根県)三刀屋[町]広瀬・富田城雲南(市)島根(県)大東[町]JR西日本雲南[市]木次[町]奥出雲町雲南市庄原市三刀屋松江市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android