コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸備線 げいびせん

5件 の用語解説(芸備線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸備線
げいびせん

山陽本線広島駅から三次を経由,伯備線備中神代にいたる鉄道。 JR西日本。全長 159.1km。姫新線 (姫路-新見間) と結んで,中国山地縦断鉄道を形成する。 1936年全通。広島-備後庄原間は芸備鉄道という私鉄として建設され,1933年,1937年の2回にわたって国有化,1987年4月民営化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げいび‐せん【芸備線】

広島から備後庄原(びんごしょうばら)を経て伯備線備中神代(びっちゅうこうじろ)に至るJR線。昭和11年(1936)全通。全長159.1キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

芸備線【げいびせん】

備中神代(びっちゅうこうじろ)〜広島間のJR線。営業キロ159.1km。芸備鉄道の広島〜備後庄原(びんごしょうばら)間(1923年全通)を1933年,1937年の2回にわたり国有化,1936年国鉄により庄原〜神代間が全通し,中国山地縦貫鉄道の一環となった。
→関連項目広島[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

芸備線

JR西日本が運行する鉄道路線。岡山県新見市の備中神代駅から広島県三次市の広島駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸備線
げいびせん

広島県中央部、および岡山県西部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。広島―備中神代(びっちゅうこうじろ)間159.1キロメートル、全線単線、非電化。姫新(きしん)線とあわせて中国山地を縦断する鉄道となり、また木次(きすき)線と結んで山陰山陽連絡線を形成する。沿線には三次(みよし)、庄原(しょうばら)などの都市がある。広島―備後(びんご)庄原間は1915~1923年(大正4~12)に芸備鉄道として開業、昭和に入って備後庄原以東の区間が国鉄によって着工され、備後庄原側寄りは庄原線、備中神代側寄りは三神線として建設が進み、1930~1936年(昭和5~11)開業した。これに伴って、芸備鉄道の国有化が行われ、備後十日市(現、三次)―備後庄原間は1933年、広島―備後十日市間は1937年買収されて、同年全線が芸備線の名称に統一された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化で西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸備線の関連キーワード山陽本線伯備線三次広島城伯備エールエール岩徳線広島電鉄本線広島県安芸郡海田町広島県三次市三次町

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芸備線の関連情報