コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸備線 げいびせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸備線
げいびせん

山陽本線広島駅から三次を経由,伯備線備中神代にいたる鉄道。 JR西日本。全長 159.1km。姫新線 (姫路-新見間) と結んで,中国山地縦断鉄道を形成する。 1936年全通。広島-備後庄原間は芸備鉄道という私鉄として建設され,1933年,1937年の2回にわたって国有化,1987年4月民営化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げいび‐せん【芸備線】

広島から備後庄原(びんごしょうばら)を経て伯備線備中神代(びっちゅうこうじろ)に至るJR線。昭和11年(1936)全通。全長159.1キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

芸備線【げいびせん】

備中神代(びっちゅうこうじろ)〜広島間のJR線。営業キロ159.1km。芸備鉄道の広島〜備後庄原(びんごしょうばら)間(1923年全通)を1933年,1937年の2回にわたり国有化,1936年国鉄により庄原〜神代間が全通し,中国山地縦貫鉄道の一環となった。
→関連項目広島[駅]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸備線
げいびせん

広島県中央部、および岡山県西部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。広島―備中神代(びっちゅうこうじろ)間159.1キロメートル、全線単線、非電化。姫新(きしん)線とあわせて中国山地を縦断する鉄道となり、また木次(きすき)線と結んで山陰山陽連絡線を形成する。沿線には三次(みよし)、庄原(しょうばら)などの都市がある。広島―備後(びんご)庄原間は1915~1923年(大正4~12)に芸備鉄道として開業、昭和に入って備後庄原以東の区間が国鉄によって着工され、備後庄原側寄りは庄原線、備中神代側寄りは三神線として建設が進み、1930~1936年(昭和5~11)開業した。これに伴って、芸備鉄道の国有化が行われ、備後十日市(現、三次)―備後庄原間は1933年、広島―備後十日市間は1937年買収されて、同年全線が芸備線の名称に統一された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化で西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芸備線の関連キーワード指定都市高速5号線(東部線)浄楽寺吉田(広島県)りょうま駅長安芸高田市新見(市)吉田郡山城寺町廃寺跡陣山墳墓群毛利氏城跡三次(市)哲西[町]向原[町]広島[駅]西城[町]庄原[市]神郷[町]甲田[町]東城[町]矢谷古墳

芸備線の関連情報