コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木津無庵 きづ むあん

美術人名辞典の解説

木津無庵

真宗大谷派の学僧福井県生。幼名は常丸、諱は祐精、謚号を大法院。福井師範学校中退後、京都で漢学を修め、比叡・高野両山に住した。東京に誠明学舎・名古屋に仏教協会を設立し、全国の師範学校を巡講し教化につとめた。著書に『新訳仏教聖典』等。昭和18年(1943)寂、76才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木津無庵 きづ-むあん

1867-1943 明治-昭和時代前期の僧。
慶応3年2月18日生まれ。真宗大谷派の布教師となり,大正8年東京に誠明学舎を創立。14年名古屋に仏教協会を設立して「新訳仏教聖典」を刊行。師範学校や青年会で講演し,仏教思想の普及につくした。昭和18年9月12日死去。77歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。福井師範中退。本名は祐精。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android