コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未成年者飲酒禁止法 みせいねんしゃいんしゅきんしほう

百科事典マイペディアの解説

未成年者飲酒禁止法【みせいねんしゃいんしゅきんしほう】

未成年者の飲酒を禁止した法律(1922年)。未成年者の飲酒行為は禁止されるだけで処罰の対象とならない。親権者等の制止義務違反と酒類業者の販売行為に科料の罰則がある。
→関連項目未成年者

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

みせいねんしゃいんしゅ‐きんしほう〔‐キンシハフ〕【未成年者飲酒禁止法】

満20歳未満の未成年者の飲酒を禁止する法律。大正11年(1922)制定。
[補説]未成年者の飲酒を制止しなかった親権者や監督者、未成年者が飲酒すると知りながら酒類を販売・供与した営業者に対する罰則が規定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

未成年者飲酒禁止法の関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)未成年者飲酒防止強調月間守屋 東禁酒運動根本 正根本正没収没取

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android