コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末始終 スエシジュウ

デジタル大辞泉の解説

すえ‐しじゅう〔すゑ‐〕【末始終】

(副詞的にも用いる)行く末長い間。のちのちまで。
「那(ああ)いう辛抱人へ還った方が―の為だぜ」〈風葉・世間師〉
「ほんとうに―見捨てないで頂戴よ」〈荷風腕くらべ
最後。最終。
「―はどうしてもええこたありあんすめえね」〈長塚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すえしじゅう【末始終】

( 名 )
最後。結末。 「今のまま此所に居らば算盤そろばんにつもつても知れた-/いさなとり 露伴
( 副 )
将来ずっと。行く末長く。 「 -変わらぬちぎり」 「夫婦でも、-和合するとは限らないんだから/明暗 漱石
将来は。最後の結末は。 「 -江戸へつれて来て屁でもひりやはうといふ/滑稽本・浮世風呂 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

末始終の関連キーワード末四十より今の三十浮世風呂

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android