末無川(読み)すえなしがわ(英語表記)wadi-like stream

百科事典マイペディアの解説

末無川【すえなしがわ】

河口をもたない河川。乾燥した砂漠の川や扇状地の川などでは流量の多いときは下流までがあるが,平時には蒸発,浸透によって,下流が河原だけの末無川になる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の末無川の言及

【川】より

…上流では流水があるが,河水が蒸発したり,地下に伏流したりして,下流で流水がみられなくなる川がある。これを末無川といい,上流は比較的多雨の山地や氷雪のある山地に発し,下流は乾燥地域に入る河川に多い。日本では扇状地にみられる。…

※「末無川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android