本ノ木遺跡(読み)もとのきいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本ノ木遺跡
もとのきいせき

新潟県中魚沼(なかうおぬま)郡津南(つなん)町大字下船渡(しもふなと)にある縄文時代草創期の遺跡。1956年(昭和31)芹沢長介(せりざわちょうすけ)、57年山内清男(やまのうちすがお)が発掘調査。信濃(しなの)川に面した低位段丘にあり、細身両面加工の石槍が多量に発見され、石槍製作址(し)としての特色をもつ。ほかにノッチ(快入(えぐりいり)石器)、エンド・スクレーパー、石斧(せきふ)、石鏃(せきぞく)が少数ある。押圧(おうあつ)縄文のある深鉢平底土器が出土。この土器と石槍とを同一時期とみる山内説と、段丘礫層(れきそう)上に生活面を想定して両者の伴出を認めない芹沢説とがある。石槍にもいくつかの形態があるが、本ノ木型の細身のものは、縄文時代草創期の特徴をなす一型式。とくに石槍とノッチの組合せは、石槍文化の特性を十分に物語っている。[麻生 優]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本ノ木遺跡の関連情報