コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本位記号 ほんいきごうnatural

翻訳|natural

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本位記号
ほんいきごう
natural

音楽用語。♯,♭などの変化記号を取消し,幹音 (白鍵の音) に戻す記号音符の左側に ♮の記号で記され,普通ナチュラルと呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんい‐きごう〔ホンヰキガウ〕【本位記号】

音楽で、変化記号を取り消し、もとの音に戻すための♮の記号。ナチュラル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんいきごう【本位記号】

えい記号や変記号などの、変化記号を取り消す記号。音符の符頭の左側に「♮」をつけて示す。ナチュラル。 → 変化記号

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本位記号
ほんいきごう
natural英語
Auflsungszeichenドイツ語
bequadroイタリア語
bcarreフランス語

五線記譜法で用いられる変化記号の一種。ナチュラルともいう。シャープ(♯)、フラット(♭)、ダブルシャープ(または♯♯)、ダブルフラット(♭♭)の変化記号を取り消し、それらによって生じた派生音を幹音に戻す働きをする。の記号で、臨時記号として多く用いられるが、転調時には調号としても使用される。[黒坂俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の本位記号の言及

【変化記号】より

…基本音階(ハ長調音階つまりピアノの白鍵に相当)に含まれる音を幹音(かんおん)または本位音といい,これを半音一つまたは二つぶん変化させた音を派生音(変化音,変位音とも)という。変化記号には幹音を半音高くする嬰記号(シャープsharp ♯),半音低くする変記号(フラットflat ♭),半音二つぶん高くする重嬰記号(ダブル・シャープ ),半音二つぶん低くする重変記号(ダブル・フラット ♭♭),それに以上のすべての変化記号の効力を消して派生音を幹音に戻す本位記号(ナチュラルnatural ♮)の5種がある。 変化記号の役割には調号と臨時記号の二通りがある。…

※「本位記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本位記号の関連キーワード調号[key signature]ナチュラル[natural]記号の名称と意味変位記号臨時記号音楽用語変記号本位音音楽調号

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android