本位記号(読み)ほんいきごう(英語表記)natural

翻訳|natural

デジタル大辞泉の解説

ほんい‐きごう〔ホンヰキガウ〕【本位記号】

音楽で、変化記号を取り消し、もとの音に戻すための♮の記号。ナチュラル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんいきごう【本位記号】

えい記号や変記号などの、変化記号を取り消す記号。音符の符頭の左側に「♮」をつけて示す。ナチュラル。 → 変化記号

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本位記号
ほんいきごう
natural英語
Auflsungszeichenドイツ語
bequadroイタリア語
bcarreフランス語

五線記譜法で用いられる変化記号の一種。ナチュラルともいう。シャープ(♯)、フラット(♭)、ダブルシャープ(または♯♯)、ダブルフラット(♭♭)の変化記号を取り消し、それらによって生じた派生音を幹音に戻す働きをする。の記号で、臨時記号として多く用いられるが、転調時には調号としても使用される。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほんい‐きごう ホンヰキガウ【本位記号】

〘名〙 音楽で、変化記号を取り消して、音符の音を本来の高さにもどすための記号。が用いられる。ナチュラル。〔音楽字典(1909)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の本位記号の言及

【変化記号】より

…基本音階(ハ長調音階つまりピアノの白鍵に相当)に含まれる音を幹音(かんおん)または本位音といい,これを半音一つまたは二つぶん変化させた音を派生音(変化音,変位音とも)という。変化記号には幹音を半音高くする嬰記号(シャープsharp ♯),半音低くする変記号(フラットflat ♭),半音二つぶん高くする重嬰記号(ダブル・シャープ ),半音二つぶん低くする重変記号(ダブル・フラット ♭♭),それに以上のすべての変化記号の効力を消して派生音を幹音に戻す本位記号(ナチュラルnatural ♮)の5種がある。 変化記号の役割には調号と臨時記号の二通りがある。…

※「本位記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android