コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本城安太郎 ほんじょう やすたろう

2件 の用語解説(本城安太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本城安太郎 ほんじょう-やすたろう

1860-1918 明治-大正時代の大陸浪人。
万延元年生まれ。玄洋社社員,のち黒竜会同人。明治25年軍の密命をうけ清(しん)(中国)にわたって情報収集にあたり,日清戦争では陸軍通訳となる。北清事変(義和団の乱),日露戦争,辛亥(しんがい)革命などで裏面工作に従事した。大正7年7月4日死去。59歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本城安太郎

没年:大正7.7.4(1918)
生年:万延1(1860)
明治期のいわゆる大陸浪人。玄洋社社員。黒竜会同人。父は福岡藩士。明治9(1876)年故郷福岡から上京し,西郷隆盛の挙兵に呼応しようとしたが,計画が発覚して投獄された。のち出獄して『日本新聞』の記者となり,高島炭鉱事件などの取材に敏腕を振るった。25年日清戦争の気運が高まると,陸軍大将川上操六の密命を受けて中国大陸へ渡り,芝罘方面を主要エリアに情報収集活動などに従事した。陸軍の大陸工作要員としての性格が強く,その後も北清事変,日露戦争,辛亥革命,第1次大戦などの裏面で活動。また対支連合会,国民外交同盟会の評議員でもあった。<参考文献>黒竜会編『東亜先覚志士記伝』

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本城安太郎の関連キーワード玄洋社大陸浪人支那浪人箱田六輔ゆとり社員浦上正孝河村武道高場乱月成勲安永東之助

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone