本城安太郎(読み)ほんじょう やすたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本城安太郎 ほんじょう-やすたろう

1860-1918 明治-大正時代の大陸浪人。
万延元年生まれ。玄洋社社員,のち黒竜会同人。明治25年軍の密命をうけ清(しん)(中国)にわたって情報収集にあたり,日清戦争では陸軍通訳となる。北清事変(義和団の乱),日露戦争,辛亥(しんがい)革命などで裏面工作に従事した。大正7年7月4日死去。59歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本城安太郎

没年:大正7.7.4(1918)
生年:万延1(1860)
明治期のいわゆる大陸浪人。玄洋社社員。黒竜会同人。父は福岡藩士。明治9(1876)年故郷福岡から上京し,西郷隆盛の挙兵に呼応しようとしたが,計画が発覚して投獄された。のち出獄して『日本新聞』の記者となり,高島炭鉱事件などの取材に敏腕を振るった。25年日清戦争の気運が高まると,陸軍大将川上操六の密命を受けて中国大陸へ渡り,芝罘方面を主要エリアに情報収集活動などに従事した。陸軍の大陸工作要員としての性格が強く,その後も北清事変,日露戦争,辛亥革命,第1次大戦などの裏面で活動。また対支連合会,国民外交同盟会の評議員でもあった。<参考文献>黒竜会編『東亜先覚志士記伝』

(山崎有恒)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android