コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本庄貞居 ほんじょう さだすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄貞居 ほんじょう-さだすえ

?-1770 江戸時代中期の神道家。
安芸(あき)(広島県)賀茂郡竹原の人。家は代々仲間役,塩田の浜主をつとめる富商玉木正英,松岡仲良にまなび,吉井正伴とともに神道をとなえ,和歌,和算にもすぐれた。のち沼田郡新庄に移住して神道をおしえた。明和7年(一説に3年)死去。通称は宗左衛門,伴蔵。号は幽契。屋号は広島屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本庄貞居の関連キーワードチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルンクルーゼンシュテルン後桜町天皇ベートーベンワーズワースの生家アタックス平賀源内カント(Immanuel Kant)