コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本納 ほんのう

2件 の用語解説(本納の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本納
ほんのう

千葉県中部,茂原市北部の地区。旧町名。 1972年茂原市に編入。下総台地九十九里平野の接触線上に発達した市場町。中世には城下町で,近世には1と6の日に市場が開かれたが,近年商業的機能の中心は茂原地区に移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本納
ほんのう

千葉県中部、茂原(もばら)市北部の一地区。下総(しもうさ)台地と九十九里平野の接点に位置する。JR外房線本納駅があり、国道128号が通る。中世、黒熊氏の城下町、江戸時代は1、6の日に六斎市(ろくさいいち)が開かれ、農村市場として発展を遂げた。付近の畑では貸鉢用植木の生産が盛んである。南部に茂原工業団地がある。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本納の関連情報