コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本製本 ホンセイホン

デジタル大辞泉の解説

ほん‐せいほん【本製本】

製本様式の一。本の中身を糸綴じにして背を固め、化粧裁ちしたあと見返しをつけ、表紙でくるんで結合させたもの。表紙は本文より散り2の分だけ大きくなる。→仮製本

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんせいほん【本製本】

製本様式の一つ。本格的な製本で、書物の中身を糸で綴じ、化粧裁ちして表紙を結合させ、「散り」をつけたもの。 → 仮製本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

本製本

皮革,クロス,紙などの表装材料を貼った板紙を表紙に用いた製本様式.中身を糸でとじ,小口を化粧裁ちし,さらに背の部分を丸背や角背に整形した後で,これを表紙でくるんだもの.上製本ともいう.表紙が中身よりもわずかに大きく,ちりがあるのが特徴である.ハードカバーはこの様式である.それに対し,仮製本では表紙を付けた後で化粧裁ちするので,ちりがない.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

本製本の関連キーワードケルムスコット・プレス厚表紙本綴じ薄表紙南京花布

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本製本の関連情報