本製本(読み)ホンセイホン

大辞林 第三版の解説

ほんせいほん【本製本】

製本様式の一つ。本格的な製本で、書物の中身を糸で綴じ、化粧裁ちして表紙を結合させ、「散り」をつけたもの。 → 仮製本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

本製本

皮革,クロス,紙などの表装材料を貼った板紙を表紙に用いた製本様式.中身を糸でとじ,小口を化粧裁ちし,さらに背の部分を丸背や角背に整形した後で,これを表紙でくるんだもの.上製本ともいう.表紙が中身よりもわずかに大きく,ちりがあるのが特徴である.ハードカバーはこの様式である.それに対し,仮製本では表紙を付けた後で化粧裁ちするので,ちりがない.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android