コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本製本 ホンセイホン

大辞林 第三版の解説

ほんせいほん【本製本】

製本様式の一つ。本格的な製本で、書物の中身を糸で綴じ、化粧裁ちして表紙を結合させ、「散り」をつけたもの。 → 仮製本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

本製本

皮革,クロス,紙などの表装材料を貼った板紙を表紙に用いた製本様式.中身を糸でとじ,小口を化粧裁ちし,さらに背の部分を丸背や角背に整形した後で,これを表紙でくるんだもの.上製本ともいう.表紙が中身よりもわずかに大きく,ちりがあるのが特徴である.ハードカバーはこの様式である.それに対し,仮製本では表紙を付けた後で化粧裁ちするので,ちりがない.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

本製本の関連キーワードケルムスコット・プレス本綴じ厚表紙薄表紙南京花布

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android