本製本(読み)ほんせいほん(英語表記)hardcover binding

図書館情報学用語辞典 第5版「本製本」の解説

本製本

皮革クロスなどの表装材料を貼った板紙表紙に用いた製本様式中身などでとじ,小口を化粧裁ちし,さらにの部分を丸背角背に整形した後で,これを表紙でくるんだもの.上製本ともいう.表紙が中身よりもわずかに大きく,ちりがあるのが特徴である.ハードカバーはこの様式である.それに対し,仮製本では表紙を付けた後で化粧裁ちするので,ちりがない.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典「本製本」の解説

ほん‐せいほん【本製本】

〘名〙 製本の様式の一つ。本の中身を糸綴じし丸背または角背に固め、化粧裁ちして、別につくった表紙でくるむ製本様式。中身の方が表紙より小さい、散りつき製本。本製。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android