仮製本(読み)カリセイホン

デジタル大辞泉の解説

かり‐せいほん【仮製本】

製本の方法の一。糸か針金でとじた中身に表紙をつけて、一緒に化粧断ちして仕上げるもの。仮綴(かりと)じ。→本製本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりせいほん【仮製本】

製本様式の一。雑誌やノートのように、針金または糸で綴じた中身に表紙を付け、中身と表紙を一度に化粧裁ちしたもの。仮綴じ。 → 本製本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

仮製本

本文の用紙よりも厚く,曲げても折れない程度に柔軟性のある紙を表紙に用いた製本様式.簡易製本ともいう.本製本(上製本)よりも簡単な製本で,以前は本製本をするまでの一時的製本ということで「仮」と名付けられていた.糸,針金あるいは接着剤で中身をとじ,表紙でくるんだ後に化粧裁ちされるので,ちりがないのが特徴である.文庫本,教科書,雑誌などはこの様式である.それに対し,本製本では中身を化粧裁ちした後で表紙が付けられるので,ちりがある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かり‐せいほん【仮製本】

〘名〙 製本の仕方の一つ。本の中身を糸または、針金などでとじ、背の補強の厚紙などを省いて表紙をくるみ、いっしょに裁断して仕上げた簡単な製本。くるみ、切りつけ、中とじなどの形式がある。仮とじ。仮製

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android