本間百里(読み)ほんま ひゃくり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間百里 ほんま-ひゃくり

1784-1854 江戸時代後期の武士,有職(ゆうそく)家。
天明4年生まれ。陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)藩士。江戸の松岡辰方(ときかた)に有職故実をまなぶ。装束をあつかう高倉流の衣紋(えもん)方として辰方の子である松岡行義(ゆきよし)とともに活躍した。嘉永(かえい)7年4月27日死去。71歳。通称は与一。字(あざな)は伯震。号は梅軒。著作に「公武装飾考」「服色図解」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本間百里

没年:嘉永7.4.27(1854.5.23)
生年:天明4(1784)
江戸後期の有職故実家。通称は与一。字,伯震。号は梅軒。一関藩(岩手県)の江戸屋敷に勤める。故実を松岡辰方に学び,辰方の『織文図会』を増補,補修した。かたわら高倉流の束帯衣紋も修めた。文化13(1816)年,姓を八幡と改める。著書に『服飾図解』『尚古鎧色一覧』などがある。村田春海の門人本間遊清と同一人とする説があったが,別人である。<参考文献>山本信哉「本間游清と本間百里」(『歴史地理』56巻4号)

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android