コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間百里 ほんま ひゃくり

2件 の用語解説(本間百里の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間百里 ほんま-ひゃくり

1784-1854 江戸時代後期の武士,有職(ゆうそく)家。
天明4年生まれ。陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)藩士。江戸の松岡辰方(ときかた)に有職故実をまなぶ。装束をあつかう高倉流の衣紋(えもん)方として辰方の子である松岡行義(ゆきよし)とともに活躍した。嘉永(かえい)7年4月27日死去。71歳。通称は与一。字(あざな)は伯震。号は梅軒。著作に「公武装飾考」「服色図解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本間百里

没年:嘉永7.4.27(1854.5.23)
生年:天明4(1784)
江戸後期の有職故実家。通称は与一。字,伯震。号は梅軒。一関藩(岩手県)の江戸屋敷に勤める。故実を松岡辰方に学び,辰方の『織文図会』を増補,補修した。かたわら高倉流の束帯衣紋も修めた。文化13(1816)年,姓を八幡と改める。著書に『服飾図解』『尚古鎧色一覧』などがある。村田春海の門人本間遊清と同一人とする説があったが,別人である。<参考文献>山本信哉「本間游清本間百里」(『歴史地理』56巻4号)

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本間百里の関連キーワード新井稲亭稲葉正博小田昂斎甲斐庄正幹片山辰世黄谷高田亘武士八十氏柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone