コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉流 タカクラリュウ

デジタル大辞泉の解説

たかくら‐りゅう〔‐リウ〕【高倉流】

衣紋(えもん)流派。室町時代から高倉家がその流儀によって公家の装束の着付けに携わり、のちに公家・武家の装束調進にも当たった。→山科流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかくらりゅう【高倉流】

衣紋えもん・装束調進の流派。室町時代頃から山科家とともに、朝廷・公家の装束のことに当たった。近世、武家方にも奉仕した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高倉流の関連キーワード下橋 敬長松岡行義松岡辰方本間百里下橋敬長山科家御幘近世朝廷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android