朱書(き)(読み)シュガキ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐がき【朱書(き)】

朱で書くこと。しゅしょ。
楊弓(ようきゅう)で、200矢のうち50矢以上100矢まで的に命中すること。また、その射手。命中させた者の名をいたところからいう。

しゅ‐しょ【朱書】

[名](スル)赤い字で書くこと。また、書いたもの。朱書き。「要点を朱書する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android