コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴世永 ぼくせいえいPak Se‐yŏng

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくせいえい【朴世永 Pak Se‐yŏng】

1902‐89
朝鮮の詩人。京畿道の出身。1917年培材高等普通学校に入学,同人誌《新宇宙》を出し,詩を発表。在学中に宋影らと三・一独立運動に参加。一時上海にありながら,国内の焰群社と関係した。25年カップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)に加盟後,ソウルの延禧専門学校を中退,おもに児童誌《星の国》(1925‐35)の編集にたずさわった。37年詩集《岩つばめ》を出したあと沈黙。45年8月15日の解放をソウルでむかえ,詩集《流火》(1946)を出版。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朴世永
ぼくせいえい

パク・セヨン(朴世永)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朴世永
ぼくせいえい / パクセヨン
(1902―1989)

北朝鮮の詩人。京畿(けいき)道の出身。1917年培材高等普通学校に入学、同人誌『新世界』を出した。学友宋影(そうえい/ソンヨン)らと三・一独立運動にも参加。一時中国の上海(シャンハイ)にあったが、国内の文芸団体焔群(えんぐん)社と連係。25年カップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)加盟後、ソウルの延禧(えんき)専門学校を中退、おもに児童誌『星の国』(1925~35)の編集にあたる。37年、民族解放の春をよぶ先駆者を岩つばめになぞらえて歌った『岩つばめ』出版後は沈黙。解放後ソウルで詩集『流火』(1946)を出し、46年越北。共和国の国歌にあたる『愛国歌』を作詞。詩集『真理』(1947)、『朴世永詩選集』(1956)のほか叙事詩『密林の歴史』(1962)がある。[金 学 烈]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朴世永の関連キーワード世界のおもな国歌7月7日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android