コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉木普斎 すぎき ふさい

3件 の用語解説(杉木普斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

杉木普斎

江戸前・中期の茶人。伊勢山田生。名は光敬、号に宗喜・直入庵・得失庵等。家業の御師を継ぐかたわら千宗旦について茶を学び、山田宗徧らと共に宗旦四天王に数えられる。宝永3年(1706)歿、79才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉木普斎 すぎき-ふさい

1628-1706 江戸時代前期の茶人。
寛永5年生まれ。母は杉木美津。伊勢(いせ)(三重県)山田の人。伊勢神宮の御師(おんし)(神職)の家をつぐ。千宗旦(そうたん)に入門,山田宗徧(そうへん)とならぶ高弟となる。播磨(はりま)(兵庫県)など各地をめぐり,茶の湯をひろめた。宝永3年6月21日死去。79歳。名は光敬(みつたか)。通称は吉太夫。別号に宗喜,直入庵,得失庵。著作に「普斎十巻条」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉木普斎
すぎきふさい
(1628―1706)

江戸前期の茶人。伊勢外宮(いせげくう)の御師(おし)、杉木吉大夫光貞の子で、名は光敬(みつたか)。普斎、宗喜、得失庵(あん)、直入庵などの号をもつ。宗旦(そうたん)四天王の一人。早くから茶に志し、1642年(寛永19)千宗旦の門に入り、山田宗(そうへん)と並ぶ高弟となる。宗旦没後はその子一翁宗守、江岑宗左(こうしんそうさ)に習う。68年(寛文8)以来、伝書の形式で利休の正風、宗旦的伝の茶を門弟に伝授したことや、家職の関係から各地を歩くなかで、茶の伝授にあたったのが特徴。初め勢州茶楽人、のち日本茶楽人と号した。宝永(ほうえい)3年6月、伊勢にて79歳で没した。[村井康彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone