コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田玄端 すぎた げんたん

2件 の用語解説(杉田玄端の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田玄端 すぎた-げんたん

1818-1889 幕末-明治時代の蘭方医,洋学者。
文政元年9月20日生まれ。杉田立卿(りゅうけい)の門人。杉田白元(伯元の子)の養嗣子。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩医となる。のち幕府蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授,外国奉行支配翻訳御用頭取。維新後,沼津陸軍医学所頭取をへて東京に共立病院を創立した。明治22年7月19日死去。72歳。江戸出身。本姓は吉野。名は拡(かく)。字(あざな)は充甫。号は泰岳など。訳書に「地学正宗」「健全学」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉田玄端
すぎたげんたん
(1818―1889)

幕末・明治初期の蘭方医(らんぽうい)、蘭学者。本姓吉野。幼名は徳太郎、諱(いみな)は拡(かく)。尾張(おわり)藩医幡頭信(はずしんみん)の子として江戸に生まれる。1834年(天保5)杉田立卿(りゅうけい)に入門、ついでその養子となり、玄端と称した。1845年(弘化2)四谷塩町に開業。翌1846年本家杉田玄白の嗣子(しし)となる。1853年(嘉永6)部屋住みで召し出され七人口を給せられる。1858年(安政5)蕃書調所(ばんしょしらべしょ)出役教授方手伝、1859年同教授職並(なみ)、1860年(万延1)洋書調所教授職。1862年(文久2)家督を継ぎ、翌1863年外国方横文御用、1865年(慶応1)外国奉行(ぶぎょう)支配翻訳御用頭取。1868年将軍に従って駿河(するが)に移住。沼津に沼津兵学校が創設されると陸軍付医師頭取となる。ついで翌1869年(明治2)付属病院である沼津陸軍医学所が設けられると、その頭取となった。1872年これが廃止になったため、翌1873年上京、1875年神田に開業。翌1876年有志と有楽町に共立病院を設立。1880年学士会院会員に推された。訳著には『地学正宗』『民間内外科要法』『化学要論』『解剖生理略論』などがある。[片桐一男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

杉田玄端の関連キーワード梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席饗庭篁村広島(市)東京(都)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone