コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田玄端 すぎた げんたん

2件 の用語解説(杉田玄端の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田玄端 すぎた-げんたん

1818-1889 幕末-明治時代の蘭方医,洋学者。
文政元年9月20日生まれ。杉田立卿(りゅうけい)の門人。杉田白元(伯元の子)の養嗣子。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩医となる。のち幕府蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授,外国奉行支配翻訳御用頭取。維新後,沼津陸軍医学所頭取をへて東京に共立病院を創立した。明治22年7月19日死去。72歳。江戸出身。本姓は吉野。名は拡(かく)。字(あざな)は充甫。号は泰岳など。訳書に「地学正宗」「健全学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉田玄端
すぎたげんたん
(1818―1889)

幕末・明治初期の蘭方医(らんぽうい)、蘭学者。本姓吉野。幼名は徳太郎、諱(いみな)は拡(かく)。尾張(おわり)藩医幡頭信(はずしんみん)の子として江戸に生まれる。1834年(天保5)杉田立卿(りゅうけい)に入門、ついでその養子となり、玄端と称した。1845年(弘化2)四谷塩町に開業。翌1846年本家杉田玄白の嗣子(しし)となる。1853年(嘉永6)部屋住みで召し出され七人口を給せられる。1858年(安政5)蕃書調所(ばんしょしらべしょ)出役教授方手伝、1859年同教授職並(なみ)、1860年(万延1)洋書調所教授職。1862年(文久2)家督を継ぎ、翌1863年外国方横文御用、1865年(慶応1)外国奉行(ぶぎょう)支配翻訳御用頭取。1868年将軍に従って駿河(するが)に移住。沼津に沼津兵学校が創設されると陸軍付医師頭取となる。ついで翌1869年(明治2)付属病院である沼津陸軍医学所が設けられると、その頭取となった。1872年これが廃止になったため、翌1873年上京、1875年神田に開業。翌1876年有志と有楽町に共立病院を設立。1880年学士会院会員に推された。訳著には『地学正宗』『民間内外科要法』『化学要論』『解剖生理略論』などがある。[片桐一男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉田玄端の関連キーワード蘭方赤坂圭斎秋山和光秋山佐蔵工藤他山佐々木元俊鈴木甫戸塚文海宮崎通泰守屋庸庵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone