コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田立卿 すぎたりゅうけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉田立卿
すぎたりゅうけい

[生]天明7(1787)
[没]弘化3(1846).11.2. 江戸
江戸時代後期の蘭方医。玄白の次男。オーストリアの J.プレンク眼科書を翻訳して文化 12 (1815) 年『眼科新書』として刊行。本書に試みられた訳語,術語統一の功績は大きい。文政5 (22) 年,天文台蘭書の翻訳を命じられ,次いで天保3 (32) 年『瘍科新選』を訳刊。成卿の父。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田立卿 すぎた-りゅうけい

1787*-1845 江戸時代後期の蘭方医。
天明6年11月15日生まれ。杉田玄白の次男。父玄白には養嗣子伯元がいたので別家独立し,若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩医となり,西洋眼科を専門とした。文政5年幕府天文台訳員となる。弘化(こうか)2年11月2日死去。60歳。江戸出身。名は予。号は錦腸(きんちょう),天真楼。訳書に「眼科新書」「瘍科新選」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉田立卿
すぎたりゅうけい
(1786―1845)

江戸後期の蘭方医(らんぽうい)。名は預(よ)、号は錦腸(きんちょう)、天真楼。立卿は通称。杉田玄白と後妻伊与(いよ)の子として江戸浜町に生まれる。通詞(つうじ)出身の蘭学者馬場佐十郎にオランダ語を学ぶ。1804年(文化1)蘭方眼科をもって別家独立、小浜(おばま)藩医となる。1815年プレンクJoseph Jacob Plenck(1738―1807)の眼科書を訳して『眼科新書』を刊行。これは西洋眼科書翻訳刊行の嚆矢(こうし)である。1820年(文政3)プレンクの『黴瘡(ばいそう)新書』を訳刊。1822年幕府の天文台訳員となり、馬場佐十郎の後を受けて、ショメルNol Chomel(1632―1712)の『日用百科事典』の翻訳に従事、その成果は『厚生新編』にみえる。また青地林宗(りんそう)とともにロシア人ゴロウニンの『日本幽囚記』の続訳にあたり、それは1825年『遭厄日本紀事(そうやくにほんきじ)』として結実した。天保(てんぽう)年間(1830~1844)老中水野忠邦(ただくに)の内命によって和蘭(オランダ)政典の訳に従事、これは子の成卿(せいけい)に引き継いだ。著訳書として前記のほかに『瘍科(ようか)新選』『和蘭外科要方』などがある。[片桐一男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

杉田立卿 (すぎたりゅうけい)

生年月日:1786年11月15日
江戸時代後期の蘭方医
1845年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

杉田立卿の関連キーワード日本の医学史(年表)本間玄調市川兼恭箕作阮甫生年月日本間棗軒杉田玄端堀内素堂杉田恭卿

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android