杉隆泰(読み)すぎ たかやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉隆泰 すぎ-たかやす

?-1555 戦国時代の武将。
周防(すおう)(山口県)鞍掛山(くらかけやま)城主。大内義隆の家臣。陶晴賢(すえ-はるかた)が義隆にそむくと晴賢に味方し,義隆の死後晴賢に擁立された大内義長につかえる。晴賢が毛利軍に敗れて自殺したのち,弘治(こうじ)元年11月毛利軍の攻撃をうけ戦死。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android