杉隆泰(読み)すぎ たかやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉隆泰 すぎ-たかやす

?-1555 戦国時代の武将。
周防(すおう)(山口県)鞍掛山(くらかけやま)城主。大内義隆の家臣。陶晴賢(すえ-はるかた)が義隆にそむくと晴賢に味方し,義隆の死後晴賢に擁立された大内義長につかえる。晴賢が毛利軍に敗れて自殺したのち,弘治(こうじ)元年11月毛利軍の攻撃をうけ戦死。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android