コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内義長 おおうちよしなが

3件 の用語解説(大内義長の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

大内義長

 大内[おおうち]氏最後の当主です。大内義隆[おおうちよしたか]の死後、陶晴賢[すえはるかた]によって、大友宗麟[おおともそうりん]の弟であり、義隆のおいにあたる晴英[はるひで]が大内家にむかえられ、義長と名乗りました。しかし、毛利[もうり]氏に攻めこまれ、下関市長府の長福寺[ちょうふくじ]で自害しました。

出典|ほうふWeb歴史館
防府市歴史用語集について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内義長 おおうち-よしなが

1540-1557 戦国時代の武将。
天文(てんぶん)9年生まれ。大友義鑑(よしあき)の子。大友宗麟(そうりん)の弟。大内義隆・義尊父子を殺した陶晴賢(すえ-はるかた)にむかえられ,天文21年大内氏の家督をつぐ。24年毛利元就(もとなり)軍と厳島でたたかい敗れる。弘治(こうじ)3年4月3日元就に攻められ長門(ながと)(山口県)長福寺で自刃(じじん)し,大内氏は滅びた。18歳。幼名は塩乙丸。名ははじめ晴英。通称は八郎。
【格言など】さそふとて何か恨みん時来ては嵐の外に花もこそ散れ(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大内義長

没年:弘治3.4.18(1557.5.16)
生年:天文9(1540)
戦国時代の武将。幼名八郎,初名晴英。官途は周防介,左京大夫大友義鑑の子,義鎮の弟。母が大内義隆の姉であったため,天文20(1551)年の義隆の死後,陶晴賢にかつがれて大内氏の家督を嗣ぐ。領国支配の実権は晴賢をはじめとする重臣が握っていた。弘治3(1557)年毛利氏に攻められ長門国長福寺で自殺した。

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の大内義長の言及

【豊前国】より

…この戦いは大内方の敗北となり,やがて将軍の仲介で38年両氏の和睦が成立した。その後,豊後守護大友宗麟の弟晴英が大内義隆の養子となり,51年には大内氏を相続し大内義長を名のった。しかし55年(弘治1)に中国地方に毛利元就が興って,57年には大内義長を攻め滅ぼした。…

※「大内義長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大内義長の関連情報