李下に冠を正さず(読み)リカニカンムリヲタダサズ

デジタル大辞泉の解説

李下(りか)に冠(かんむり)を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるということのたとえ。→瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず瓜田李下(かでんりか)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

李下に冠を正さず

実がなっている李の木の下で冠を直さない。実を取ろうとしていると思われるからだ。また瓜の畑でしゃがんで履物をはきなおすこともしない。瓜を盗むと思われるからだ(「瓜田に履を〔い〕れず」)。君子は疑われるようなことは未然に防ぐもの。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李下に冠を正さずの関連情報