李下に冠を正さず(読み)リカニカンムリヲタダサズ

  • =直(なお)さず
  • に 冠(かんむり・かぶり)を=正(ただ)さず
  • りか
  • 李下
  • 李下(りか)に冠(かんむり)を正(ただ)さず

デジタル大辞泉の解説

スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるということのたとえ。→瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず瓜田李下(かでんりか)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

実がなっている李の木の下で冠を直さない。実を取ろうとしていると思われるからだ。またの畑でしゃがんで履物をはきなおすこともしない。瓜を盗むと思われるからだ(「瓜田を納〔い〕れず」)。君子は疑われるようなことは未然に防ぐもの。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スモモの木の下で手を上げると、果実を盗むかと疑われるから、冠が曲がってもそこでは正すべきではないの意で、嫌疑を受けるような行為はすべきではないといういましめ。李下の冠。〔文明本節用集(室町中)〕 〔古楽府‐君子行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李下に冠を正さずの関連情報