コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李宝嘉 りほうかLi Bao-jia

2件 の用語解説(李宝嘉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李宝嘉
りほうか
Li Bao-jia

[生]同治6(1867)
[没]光緒32(1906)
中国,清末の小説家。江蘇省上元 (江寧県) の人。字,伯元。号,南亭亭長。初め官吏を志したが失敗して上海へ行き,小型新聞の発行を試みた。義和団事変ののち小説の創作を始め,清末の官界の内情をあばいた『官場現形記』を発表して有名になり,また商務印書館の依頼で絵入り雑誌『繍像小説』の編集にあたり,みずから『文明小史』『活地獄』などを連載。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

李宝嘉【りほうか】

中国,清末のジャーナリスト,文人。字は伯元。若くして文才を発揮,科挙には及第せず,上海に出て《指南報》《上海世界繁華報》などの新聞を発刊。雑文,小説,詩,有名人のゴシップなどを書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の李宝嘉の言及

【官場現形記】より

…中国,清末の白話長編小説。李宝嘉(1867‐1906。字は伯元)が南亭亭長の筆名で新聞に連載,1903‐06年(光緒29‐32)単行。…

※「李宝嘉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

李宝嘉の関連キーワード藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代キンバリー大政奉還

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone