コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李宝嘉 りほうかLi Bao-jia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李宝嘉
りほうか
Li Bao-jia

[生]同治6(1867)
[没]光緒32(1906)
中国,清末の小説家。江蘇省上元 (江寧県) の人。字,伯元。号,南亭亭長。初め官吏を志したが失敗して上海へ行き,小型新聞の発行を試みた。義和団事変ののち小説の創作を始め,清末の官界の内情をあばいた『官場現形記』を発表して有名になり,また商務印書館の依頼で絵入り雑誌『繍像小説』の編集にあたり,みずから『文明小史』『活地獄』などを連載。そのほか『海天鴻雪記』などがあるが,やがて病没したため未完の作が多い。呉敬梓の『儒林外史』を継承した風刺小説の清末における流行のさきがけとなった点は高く評価されるが,やや低俗な暴露記事的興味に堕しているといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

李宝嘉【りほうか】

中国,清末のジャーナリスト文人。字は伯元。若くして文才を発揮,科挙には及第せず,上海に出て《指南報》《上海世界繁華報》などの新聞を発刊雑文,小説,詩,有名人のゴシップなどを書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の李宝嘉の言及

【官場現形記】より

…中国,清末の白話長編小説。李宝嘉(1867‐1906。字は伯元)が南亭亭長の筆名で新聞に連載,1903‐06年(光緒29‐32)単行。…

※「李宝嘉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李宝嘉の関連キーワード義和団事変6月1日白話

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android