コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官場現形記 かんじょうげんけいき Guan-chang xian-xing-ji

5件 の用語解説(官場現形記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官場現形記
かんじょうげんけいき
Guan-chang xian-xing-ji

中国,清末の口語章回小説李宝嘉の作。5編 60回。初めは 10編 120回になる予定であったが,第5編のなかばで作者が病没したため,友人が第5編の未完の部分だけを書き足して 60回としたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

官場現形記【かんじょうげんけいき】

中国,清の李宝嘉の風刺小説。全10編,1編12回の予定で1901年以後《上海世界繁華報》に連載し好評。5編60回で病没。書名は官界という怪物の正体を暴露した記録という意味で,義和団事件前後の中国官界の腐敗を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんじょうげんけいき【官場現形記 Guān chǎng xiàn xíng jì】

中国,清末の白話長編小説。李宝嘉(1867‐1906。字は伯元)が南亭亭長の筆名で新聞に連載,1903‐06年(光緒29‐32)単行。全60回。官場とは官界,現形とは〈実体を現す〉の意。その書名のとおり,当時の官界の腐敗堕落した内幕を描いたもの。特定の主人公はおらず,総督クラス高級官僚から佐雑クラスの下っ端役人に至るまでの各層の役人をめぐるエピソードを,《儒林外史》の構成にならい数珠(じゆず)つなぎにしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんじょうげんけいき【官場現形記】

中国、清代の小説。李宝嘉りほうか著。1901~6年成立。義和団事件直後の社会を背景とし、官界の腐敗堕落を暴露。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官場現形記
かんじょうげんけいき

中国、清(しん)末の小説。李宝嘉(りほうか)(字(あざな)は伯元(はくげん)。1867―1906)作。1901年から05年に、南亭亭長(なんていていちょう)の筆名で逐次出版。作者は上海(シャンハイ)で新聞記者をやり、『指南報』『遊戯報』『海上繁華報』などを経営し、多くの小説を書いた。清末の譴責(けんせき)(暴露)小説の代表作で、義和団事件後の清末の国家社会の情勢、官界の堕落・腐敗のようすをむき出しに描き、実録以上に当時の空気を伝える。軍機大臣から下級官吏まで、役人の収賄、売官、蓄妾(ちくしょう)など、その裏面を鋭く痛烈に暴露したが、暗黒社会をいかにすべきかの志向はない。作者は『儒林外史(じゅりんがいし)』の挿話(エピソード)をつなげる章回体(しょうかいたい)をまね、初め全10編(120回)の計画であったが、5編(60回)で未完のまま39歳で病死した。[志村良治]
『入矢義高訳『中国古典文学大系50・60 官場現形記』(1968、69・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官場現形記の関連キーワード海上花列伝鏡花縁児女英雄伝儒林外史二十年目睹之怪現状李宝嘉中編小説長編小説白話文学三俠五義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone