コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉敬梓 ごけいし Wu Jing-zi

4件 の用語解説(呉敬梓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉敬梓
ごけいし
Wu Jing-zi

[生]康煕40(1701)
[没]乾隆19(1754).10.28. 揚州
中国,清の文学者。安徽省全椒県の人。字,敏軒あるいは文木。名門の出身で,若い頃から学問にすぐれ,23歳で秀才に合格した。しかし父の死後,一族の財産争いの醜さから次第に反俗的になり,家産を蕩尽して南京に移り,乾隆1 (1736) 年,博学鴻詞科に推挙されながら,病気を理由にこれを辞し,立身の道と断絶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐けいし【呉敬梓】

[1701~1754]中国、清(しん)初の文学者。安徽(あんき)省全椒(ぜんしょう)の人。字(あざな)は敏軒(びんけん)、号は文木(ぶんぼく)。著作「儒林外史(じゅりんがいし)」は風刺小説の源流とされ、「紅楼夢(こうろうむ)」とともに清朝小説の双璧と称される。他に「文木山房集」「詩説」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごけいし【呉敬梓】

1701~1754) 中国、清代の文人。長編口語小説「儒林外史」の作者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉敬梓
ごけいし
(1701―1754)

中国、清(しん)代の文人。字(あざな)は敏軒、また文木という。安徽(あんき)省全椒(ぜんしょう)県の人。名門の出身であるが秀才に合格して以後、官途につこうとしなかった。33歳のとき立身出世に愛想を尽かし、遺産を浪費して南京(ナンキン)に移住した。その後友人を頼って放浪し、揚州で客死した。貧窮生活のなかで創作を始め、社会の底辺からさまざまな身分、性格の人物を醒(さ)めた眼(め)で描き、とくに上層の文人を鋭く批判し、その反骨によって読者の共感をよんだ。『儒林外史』のほか詩文集『文木山房集』『金陵景物図詩』がある。[尾上兼英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呉敬梓の言及

【儒林外史】より

…中国,清代の白話長編小説。作者の呉敬梓(ごけいし)(1701‐54)は字は文木で,終生官途につけず落魄の生涯を送った人。初版は1770年代(乾隆35‐44)刊と推定される金兆燕刻本だが,現存する最古の刊本は1803年(嘉慶8)の臥閑草堂本56回である。…

【中国文学】より

…その作者はもはや市井の無名人だけでなく,教養ある文人も参加しはじめた。その一,二の例をあげれば,戯曲における明の湯顕祖,小説における明の呉承恩,清の呉敬梓(ごけいし)などがある。いずれも詩文集を伝え,湯顕祖は文人として著名な人物であった。…

※「呉敬梓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呉敬梓の関連キーワード朱昴之郎世寧康熙・康煕康熙字典・康煕字典康熙帝・康煕帝康熙綴じ・康煕綴じ没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone