コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李延孝 り えんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李延孝 り-えんこう

?-877 唐(中国)の商人。
渤海(ぼっかい)の人ともいわれる。日唐間の貿易に従事。仁寿(にんじゅ)3年円珍らの留学僧を唐に送りとどけ,ただちに日本へ引きかえす。斉衡3年唐にもどり,円珍の要請で国清寺の住房建立(こんりゅう)資金を援助。その後も日唐間を往来。元慶(がんぎょう)元年円載(えんさい)らと日本にむかう途中,遭難し死去した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

李延孝の関連キーワードカール[2世]カルル2世(禿頭王)カール[2世]斉詮円載円載大江音人フォティオス元慶イグナチウス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android