コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斉詮 せいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斉詮 せいせん

?-877? 平安時代前期の僧。
延暦寺(えんりゃくじ)総持院の十禅師(じゅうぜんじ)。算延(さんえん)から悉曇(しったん)をまなび,安然(あんねん)に伝授した。安然,玄照らと渡唐計画をたて,貞観(じょうがん)19年(877)大宰府(だざいふ)に到着。ひとりで唐の商船にのりこんだが,途中で海賊に殺されたとつたえられる。天台座主(ざす)円珍は「何ぞ万里の険浪を踰(こ)えんや」と門人に予言したという。済詮,済撰ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斉詮の関連キーワードカール[2世]円載円載大江音人フォティオス元慶イグナチウス扶養高幡不動八坂神社