コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斉詮(読み)せいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斉詮 せいせん

?-877? 平安時代前期の僧。
延暦寺(えんりゃくじ)総持院の十禅師(じゅうぜんじ)。算延(さんえん)から悉曇(しったん)をまなび,安然(あんねん)に伝授した。安然,玄照らと渡唐計画をたて,貞観(じょうがん)19年(877)大宰府(だざいふ)に到着。ひとりで唐の商船にのりこんだが,途中で海賊に殺されたとつたえられる。天台座主(ざす)円珍は「何ぞ万里の険浪を踰(こ)えんや」と門人に予言したという。済詮,済撰ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android