李攀龍(読み)りはんりょう(英語表記)Li Pan-long

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李攀龍
りはんりょう
Li Pan-long

[生]正徳9(1514)
[没]隆慶4(1570)
中国,明の文学者。歴城 (山東省) の人。字,于鱗。号,滄溟。嘉靖 23 (1544) 年進士に及第。地方官を歴任,最後に河南按察使にいたったが,のち母のあとを追うように世を去った。才気があったが非社交的で,官にある間に,約 10年故郷の白雪楼に閑居したが,そのときも少数の友人の来訪しか受けなかった。李夢陽 (りぼうよう) ,何景明ら「前七子」の主張に共鳴,友人の王世貞とともに古文辞派「後七子」の指導者として,文は秦,漢,詩は漢,魏,盛唐を範とすべきであると説き,文壇に重きをなした。詩文集『李滄溟集』 (16巻) 。ほかに『古今詩刪 (さん) 』の編があるが,一般に彼の編とされる『唐詩選』は,実は後人の編。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android