コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李攀龍 りはんりょうLi Pan-long

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李攀龍
りはんりょう
Li Pan-long

[生]正徳9(1514)
[没]隆慶4(1570)
中国,明の文学者。歴城 (山東省) の人。字,于鱗。号,滄溟。嘉靖 23 (1544) 年進士に及第。地方官を歴任,最後に河南按察使にいたったが,のち母のあとを追うように世を去った。才気があったが非社交的で,官にある間に,約 10年故郷の白雪楼に閑居したが,そのときも少数の友人の来訪しか受けなかった。李夢陽 (りぼうよう) ,何景明ら「前七子」の主張に共鳴,友人の王世貞とともに古文辞派「後七子」の指導者として,文は秦,漢,詩は漢,魏,盛唐を範とすべきであると説き,文壇に重きをなした。詩文集『李滄溟集』 (16巻) 。ほかに『古今詩刪 (さん) 』の編があるが,一般に彼の編とされる『唐詩選』は,実は後人の編。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

李攀龍の関連キーワード山東省文学者地方官三体詩漢詩謝榛隆慶及第才気

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android