コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李是応 り かおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李是応 り-かおう

イ-ハウン

李是応 イ-ハウン

1821*-1898 朝鮮王朝の政治家。
純祖20年12月21日生まれ。次男(高宗(コジヨン))が12歳で王位につくと,興宣大院君となって摂政として実権をふるう。高宗の妃閔(ミン)氏の一族との政争で失脚,壬午(じんご)事変をおこしたが失敗し清(しん)(中国)軍に幽閉された。のち閔妃が暗殺されたあと日本軍の後押しで政権にかかわったが,まもなく隠退した。1898年(光武2)2月22日死去。79歳。号は石坡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

李是応の関連キーワード大院君崔益鉉

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android