コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李是応 り かおう

2件 の用語解説(李是応の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李是応 り-かおう

イ-ハウン

李是応 イ-ハウン

1821*-1898 朝鮮王朝の政治家。
純祖20年12月21日生まれ。次男(高宗(コジヨン))が12歳で王位につくと,興宣大院君となって摂政として実権をふるう。高宗の妃閔(ミン)氏の一族との政争で失脚,壬午(じんご)事変をおこしたが失敗し清(しん)(中国)軍に幽閉された。のち閔妃が暗殺されたあと日本軍の後押しで政権にかかわったが,まもなく隠退した。1898年(光武2)2月22日死去。79歳。号は石坡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

李是応の関連キーワード朝鮮王朝朝鮮王朝実録朝鮮王室儀軌阿只抜都尹始炳趙秉世閔泳煥安駉寿《朝鮮王朝実録》朝鮮王朝の王墓群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone