コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李芸 り げい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李芸 り-げい

1373-1445 朝鮮王朝の官僚。
恭愍(きょうびん)王22年生まれ。日本や琉球(りゅうきゅう)との外交にあたる。永享10年(1438)宗貞盛(そう-さだもり)との間に対馬(つしま)島主文引(ぶんいん)制を発足させ,朝鮮との通交貿易船に宗氏の発給する渡航許可書(文引)の携行を義務づけ,所持しないものは賊船とした。嘉吉(かきつ)3年朝鮮と宗貞盛の間に協定された癸亥約条(きがいやくじょう)の交渉もおこなった。世宗(せいそう)27年死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

李芸

没年:世宗27(1445)
生年:恭愍22(1373)
李氏朝鮮前期の官人,外交官。日本語読みは「り・げい」。もと蔚山郡の役人で,倭寇との交渉に功績があり,副司直,大護軍,上護軍,中枢院事などの官職を歴任した。8歳のときに母が倭寇によって連れ去られたため,使節に随行して来日したが,さがし当てることはできなかった。その後,日本や琉球に使いすること40回におよび,倭寇などによって日本に連れ去られた朝鮮人の送還に尽力した。特に,永享10(1438)年に対馬に使いし,島主宗貞盛との間に文引の制を締結したことは,中世日朝交渉史上注目される。<参考文献>『朝鮮史』4篇1~4巻

(佐伯弘次)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

李芸の関連キーワードバタイユ李芸ベネチアーノ細川勝元航空特殊無線技士菊池武光佐々木高氏紫禁城赤松満祐勧修寺経顕

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android