李 斯(読み)りし

旺文社世界史事典 三訂版の解説

?〜前208
法家の人で,秦の政治家
荀子 (じゆんし) に学び,始皇帝は彼の計略を用いて天下統一した。封建制に反対し,郡県制を徹底させ,異説を唱えて今世をそしることを禁じ,焚書・坑儒 (ふんしよこうじゆ) を行った。また文字・度量衡の統一,宮殿造営匈奴 (きようど) や南越の征伐などを立案し,丞相としての統一政治に大きく貢献した。死後,2世皇帝を擁立したが,のち宦官 (かんがん) 趙高の術策に陥って処刑された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李 斯の関連情報