ダームスタチウム(英語表記)darmstadtium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工元素の一つ。元素記号 Ds。原子番号 110。1994年ドイツのダルムシュタットにある重イオン研究所 GSIのジグルト・ホフマンらが,鉛208にニッケル62を衝突させて質量数 269の 110番元素を得た。さらに同グループは 1998年,鉛208にニッケル64を衝突させて質量数 271の 110番元素を得た。発見された場所ダルムシュタットにちなんで命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

元素記号Ds。原子番号110。人工元素で超フェルミウム元素の1つ。1994年ダルムシュタット重イオン研究所のホフマンらが(208/)Pbに(62/)Niを照射して質量数269の110番元素を得た。これはα崩壊して(265/)Hs,(261/)Sg,(257/)Rf,(253/)Noを生成する。さらに1998年同じグループは(208/)Pbに(64/)Niを照射して質量数271の110番元素を得ることに成功。これらのうち最長寿命の同位体の半寿命は55ミリ秒であった。名称は発見された場所ダルムシュタットにちなむ。1995年にアメリカのカリフォルニア大学のローレンス・バークリー研究所のギオーソらが(209/)Biに(59/)Coを照射して質量数267の110番元素を得たと報告,また同じ1995年ロシアのドゥブナ合同原子核研究所などのラザレフらが(244/)Puに(34/)Sを照射して質量数273の110番元素を得たと報告している。しかしこれらはいずれも確認されなかった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周期表第10族に属する人工元素で超フェルミウム元素の一つ。原子番号110の元素。元素記号Ds。名称は発見された場所ダルムシュタットdarmstadt(ドイツ中部の都市)にちなむ。1994年ダルムシュタット重イオン研究所のホフマンSigurd Hofmann(1944― )らが鉛208(208Pb)にニッケル62(62Ni)を照射してダームスタチウム269(269Ds)を得た。これはα(アルファ)崩壊してハッシウム265(265Hs)、シーボーギウム261(261Sg)、ラザホージウム257(257Rf)、ノーベリウム253(253No)を生成する。さらにその後1998年同じグループは鉛208(208Pb)にニッケル64(64Ni)を照射してダームスタチウム271(271Ds)を得た。これらのうち最長寿命の同位体の半寿命は55ミリ秒であった。

 このほか1995年にはアメリカのカリフォルニア大学のローレンスバークリー研究所のギオーソAlbert Ghiorso(1915―2010)らはビスマス209(209Bi)にコバルト59(59Co)を照射して267110(質量数267の110番元素)を得たと報告し、また同じ1995年ロシアのドブナ原子核研究所などのラザレフY. A. Lazarev(1946―1996)らはプルトニウム244(244Pu)に硫黄34(34S)を照射して273110を得たと報告している。しかしこれらはいずれも確認されなかった。

[中原勝儼]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

Ds.原子番号110の元素.電子配置[Rn]5f 146d97s1(推定)の周期表10族元素.元素名はこの元素が合成された重イオン研究所(GSI)の所在地,ドイツのダルムシュタット(Darmstadt)から.2003年8月にIUPACで承認された.したがって,組織名ウンウンニリウムは廃止.周期表で白金の下に位置する(エカ白金).短寿命人工元素.1994年11月11日に 208Pb を標的として 62Ni で衝撃して質量数269,201 μs でα崩壊する核種1個が得られた.α崩壊を5回繰り返して 253No に至ることで新元素として確認された.質量数267~281の同位体核種がつくられている.質量数281の同位体がもっとも長寿命で,半減期9.6 s で自発核分裂する.[CAS 54083-77-1]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android