コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凶器準備集合罪 キョウキジュンビシュウゴウザイ

5件 の用語解説(凶器準備集合罪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうきじゅんびしゅうごう‐ざい〔キヨウキジユンビシフガフ‐〕【凶器準備集合罪】

二人以上の者が、他人に害を加える目的で凶器を準備したり、凶器の準備があることを知って集合する罪。刑法第208条の3の第1項が禁じ、2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

凶器準備集合罪【きょうきじゅんびしゅうごうざい】

2人以上の者が他人の生命・身体・財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合,凶器を準備しまたはその準備のあることを知って集合した者を2年以下の懲役または30万円以下の罰金,凶器を準備しまたはその準備のあることを知って人を集合させた者を3年以下の懲役に処する(刑法208条の2)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょうきじゅんびしゅうごうざい【凶器準備集合罪】

2人以上の者が,他人の生命,身体または財産に対して害を加える目的で集合した場合に,みずから凶器を準備しまたはその準備があることを知って集まること。2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる(刑法208条の2‐1項)。このような場合に,凶器を準備しまたは準備があることを知って集合させることも,3年以下の懲役として処罰される(凶器準備結集罪,同条2項)。これらの罪は,暴力団の抗争を具体的な殺傷事件などに発展する前に取り締まることを目的として,1958年に新設されたものであるが,60年代半ば以降,主として学生のデモの規制の手段として用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうきじゅんびしゅうごうざい【凶器準備集合罪】

二人以上の者が他人に害を与える目的で、凶器を準備して集合し、また準備のあることを知って集合した場合に成立する罪。1958年(昭和33)刑法に追加。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凶器準備集合罪
きょうきじゅんびしゅうごうざい

2人以上の者が、他人の生命、身体または財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備し、またはその準備があることを知って集合する罪(刑法208条の3第1項)。なおこの場合に、凶器を準備し、またはその準備があることを知って人を集合させる行為は凶器準備結集罪にあたる(刑法208条の3第2項)。
 刑法208条の3は、1958年(昭和33)の刑法一部改正によって、暴力団の犯罪対策の一環として証人威迫罪(刑法105条の2)とともに新設されたが、その後、暴力団のほか、いわゆる過激派集団による集団的活動に対してしばしば用いられてきた。
 本罪は、他人の生命・身体・財産に対する集団的加害を事前に防止するため、その予備的段階にある集合および結集を処罰するものである。したがって、立法の趣旨からすれば、本罪は個人法益に対する罪に属する。しかし、学説の一部や判例には、集団的加害による不特定または多数の生命・身体・財産に対する危険(公共の危険)を含み、この点での社会的不安を与えるとの理由から、社会法益に対する罪と解する見解がみられる。このような立場からは、本罪は騒乱罪(刑法106条)に実質的に近くなり、「小型騒乱罪」または「騒乱予備罪」としての機能を現実に営むことになる。
 そこで、本罪の濫用を避けるために、とくに凶器の意義につき争いがある。通説・判例では、用法によって人の殺傷に利用しうる「用法上の凶器」も本罪の凶器に含まれると解されているから、たとえば一般の大衆行動で通常用いられる旗竿(はたざお)、プラカード、手拭(てぬぐい)といったものまで本罪の凶器にあたることになる。この不都合を避けるために、本罪の凶器とは、それ自体の外観からみてただちに他人を殺傷しうる物に限定すべきであり、旗竿等が現に人の殺傷に用いられた場合には、殺人、傷害、暴行の罪で処罰すれば足りると考えられる。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の凶器準備集合罪の言及

【傷害罪】より

…同条2項)。前者を凶器準備集合罪,後者を凶器準備結集罪といい,暴力犯対策の一環として1958年に新設されたものである。【町野 朔】。…

※「凶器準備集合罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

凶器準備集合罪の関連キーワード製造物責任法共謀単生保険連帯合議寄合小作店舗賠償責任保険損害賠償責任他人の生命の保険契約脅迫と強迫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凶器準備集合罪の関連情報