村上代三郎(読み)むらかみ だいさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上代三郎 むらかみ-だいさぶろう

1823-1882 幕末-明治時代の蘭学者。
文政6年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)加東郡木梨村の医師。緒方洪庵(こうあん),伊東玄朴(げんぼく)の門でまなび,江川太郎左衛門とまじわる。安政4年(1857)幕府講武所の兵学師範となるが,眼病により辞任。郷里で眼科を開業し,蘭学塾をひらいた。明治15年2月死去。60歳。名は広之。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android