コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村井古巌 むらい こがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村井古巌 むらい-こがん

1741-1786 江戸時代中期の国学者。
寛保(かんぽう)元年生まれ。京都の書籍商。蔵書家として知られ,伊勢神宮林崎文庫に数千部を奉納。奥州を旅行中,天明6年5月30日塩竈(しおがま)神社神職藤塚知明方で死去。46歳。遺蔵の書籍数百部が塩竈神社文庫におさめられている。名は敬義。通称は菱屋新兵衛。別号に勤思堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

村井古巌の関連キーワード旧林崎文庫国学者寛保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android