村山籌子(読み)むらやま かずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山籌子 むらやま-かずこ

1903-1946 昭和時代の児童文学作家。
明治36年11月7日生まれ。羽仁もと子にみとめられ,「子供之友」に寄稿。動物や野菜などを主人公に,ユーモアと機知あふれる幼年童話を創作,夫の村山知義(ともよし)が挿絵をえがいた。昭和21年8月4日44歳で死去。同年8月末に短編集「きりぎりすのかひもの」が刊行された。香川県出身。自由学園卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android