村島帰之(読み)むらしま よりゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「村島帰之」の解説

村島帰之 むらしま-よりゆき

1891-1965 大正-昭和時代の新聞記者,労働運動家。
明治24年10月20日生まれ。大正4年大阪毎日新聞に入社友愛会を支援し,川崎造船所のサボタージュ闘争を指導。労働者劇団や女給同盟の結成など独特な活動を展開した。昭和40年1月13日死去。73歳。奈良県出身。早大卒。著作に「ドン底生活」「カフェーの時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android